プロフィール

相場破天荒

Author:相場破天荒
名前 :牧 輝彦
性別 :情のある男
誕生日:1967年4月1日
血液型:協調性のO型
出身地:鹿児島県
趣味 :ゴルフ(100前後)
○ 一言
相場で勝つには、いかに損を少なく利を伸ばすかです。
実践するように取組みましょう。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/06/02 (Mon) 16:37

とうもろこし
30日のシカゴ相場は急反発。作付不安を見直す動きや、懸念されていた原油相場が反発したことが背景。CFTC(米商品先物取引委員会)の代表が、インデックスファンドが商品相場高騰の原因とは断定できないとした。これで、当面はファンド売りにさらされるリスクが低下したことが好感され、NY原油などと共に、穀物相場にも追い風となった。

CFTCによる先物取引監視の強化は、目下のところはNY原油先物における建玉把握、商品指数ファンドの取引情報収集と影響分析などに取り組むようで、他の投機筋に適用している建玉制限を商品指数ファンドにも導入するかどうか、今後も一連の動きには注意が必要です。

今、商品市場含め米金融市場に最も影響力のある米大手投資銀行ゴールドマン・サックス。商品指数ファンドを育ててきたのは、このゴールドマン・サックスと言っても良い。同社は各市場で影響力は強く、また米国政界とパイプが太いことも知られている。現ブッシュ政権では、大統領補佐官、主席補佐官、財務長官などは同社の元役員であり、今後、政権中枢を巻き込んでの動きになることは必至のようです。

先週は外部環境に大きく左右されたが、やはりシカゴ期近で580セント水準は買い場だったようだ。とうもろこし本来の需給の強さに変わりなく、明日待望の作柄発表が始まる。
基本的には強気スタンスを変える必要はなく、今週から来週の安値は買いチャンスと診ています。


スポンサーサイト

<< タイトルなし | ホーム | タイトルなし >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。