FC2ブログ

プロフィール

相場破天荒

Author:相場破天荒
名前 :牧 輝彦
性別 :情のある男
誕生日:1967年4月1日
血液型:協調性のO型
出身地:鹿児島県
趣味 :ゴルフ(100前後)
○ 一言
相場で勝つには、いかに損を少なく利を伸ばすかです。
実践するように取組みましょう。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/01/07 (Fri) 18:35
今年の展望

昨年は仕事上、本来の売買以外でバタバタしており、なかなか更新がままならず申し訳ございませんでした。年も変わりブログも更新する時間もできましたので今後ともよろしくお願いいたします。

今年の展望

NYダウは、今年も米国のQE2(第二次量的緩和)が進むにつれて、ドルの減価がさらに進行するため、今後もう一段上昇すると思われる。ダウで13000ドルというような意外な数値が実現する可能性もあるだろう。しかし、企業業績は向上していないため、全体としての、株価の形成がいびつな構造となっていくはずだ。ついには、その無理が頂点に達したところで、株価が大崩落することになると思われる。株が崩れたその次の段階では米国の財政問題もクローズアップされ、株安・債券安・ドル安のトリプル安が発生する。これらの問題発生の時間的予想としては、まずはQE2の終了が予定されている6月あたりを目処としておきたい。

為替の予測は今年も中期展望がとてもむずかしいが、前半の株価上昇期は、ドル円は85円~90円となり、株価下落時に一時的にドル高、その後、米国トリプル安にともなって、ドルの独歩安に移行するという複雑な動きを考えている。したがって、夏以降再度80円付近へ。年末までには80円を割り込む相場へと考えています。


商品価格も同様な動きを示すと思うが、目先は株価の上昇、金の軟調はしばらく続くだろう。ただ、金は大きくさげても押し目買いに徹していく。下値の最も強固な支持線は55日ボリンジャーバンドの下限(現在1332ドルで推移)である。この水準まで試されれば理想的な買い仕込み場である。金だけは(もしかしたら銀も)株価下落に引っ張り込まれて、利益確定の売りで一度落ち込むものの、ドル減価相応の価格にたちまち復帰し、さらにこのあとの本格的なドル減価につれて大上昇していくと思われる。2011年末には2000ドルを超えていることはかなり確率が高いものと思う。したがって、今は調整相場、バブルになるのはこれから。


スポンサーサイト

<< 白金・穀物 | ホーム | 今週の注目材料 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。