プロフィール

相場破天荒

Author:相場破天荒
名前 :牧 輝彦
性別 :情のある男
誕生日:1967年4月1日
血液型:協調性のO型
出身地:鹿児島県
趣味 :ゴルフ(100前後)
○ 一言
相場で勝つには、いかに損を少なく利を伸ばすかです。
実践するように取組みましょう。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/02/05 (Thu) 15:08
東京白金 テクニカル

白金

2月5日の東京プラチナは前日比軒並み反発して前引けた。10月限は下方から昨年12月12日の一代安値と本年1月23日の押し目安値を結ぶ強気支持線と、上位には1月7日の一代高値と2月2日の戻り高値を結ぶ弱気抵抗線の間でペナント圏内の動き。ペナントの先端に接近してきたので近く上下いずれかに放れるだろう。
 その場合、応分の日柄を経た強気支持線の方がより強力と見られることから、上放れの可能性の方がやや高い。 
とうもろこし

今朝のシカゴ相場は、アルゼンチンの予想降雨拡大で軟調。韓国からの買い付けが確認されるなど、需要面で買い要因はあったものの、アルゼンチンの降雨予報拡大から、相場は上値の重い展開を余儀なくされている。だが、一方的に下げる展開にも至らず、各限概ね1%程度の下落で引けた。

インフォ-マ社が南米のコーン生産高見通しを発表した。アルゼンチンは前月比100万トン減の1600万トンとなり、米農務省(USDA)の1650万トンからも低い数字。もっとも、市場はこれよりも大きな減少幅を予想しており、この数字なら評価は弱材料に映る。ブラジルは前月比変わらず4980万トンとなっている。

さて、東京だが、このところの相場は、シカゴ相場とは趣が異なる展開を見せている。背景はフレート(海上運賃)高だが、その影響で期近から相場は上昇している。また、市場を取り巻く投機筋や玄人勢も、私を含めて売り安心感が強かったことも、ここ数日の上昇と無縁ではない。フレート高を切っ掛けに、内部要因で上昇という側面もある。

これで、東京は期中限月が一番高い相場水準になり、いわゆる「天狗ザヤ」となった。「天狗に買い無し、オカメに売り無し」と言う格言があるが、今回は果たして?来週のUSDA発表までは、シカゴ相場の急上昇は見込み難く、東京が内部要因やフレート高でどこまで上昇することが出来るかだが・・・
スポンサーサイト

<< 不気味な金の上昇 | ホーム | タイトルなし >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。