プロフィール

相場破天荒

Author:相場破天荒
名前 :牧 輝彦
性別 :情のある男
誕生日:1967年4月1日
血液型:協調性のO型
出身地:鹿児島県
趣味 :ゴルフ(100前後)
○ 一言
相場で勝つには、いかに損を少なく利を伸ばすかです。
実践するように取組みましょう。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/01/19 (Mon) 18:23

米国市場休場中で本日の夜間取引も無い中で、週末のシカゴ高から制限高場面を迎えた東京市場。週末のシカゴ高の要因は、インデックス・ファンドのリバランスが完了しファンド売りに対する警戒が薄らいだこと、アルゼンチンの天候リスクから3連休前にショートカバーが先行したこと、大豆とトウモロコシの比価を調整する動きがあったことが挙げられる。

アルゼンチンの天候は確かに懸念すべき状況です。今週は火曜日~土曜日にかけて最高気温が摂氏37.8度が予想されている。因みに世界の輸出に占めるアルゼンチン+ブラジルの割合は、大豆が2分の1、コーンが4分の1。これが今の大豆とコーンの上昇の差に影響しています。

コーンについては在庫率15%が今後も重くのしかかりそうで、中国の史上最高の増産を加味すると4ドル相場に接近しても上値の重い展開を強いられることになりそうです。一方の大豆は逆に中国が米国産の大豆輸入を積極化させていることや、南米、特にアルゼンチンの高温・乾燥の天候が下値を支える可能性があり、コーンにとっても下値誘導を阻止させられているようです。週末に引値で再度10ドルの大台に乗せており、コーンも追随高を余儀なくさせる展開で、大豆相場の水準などを重視すれば、4.20ドル近辺までの上値を想定して売り参戦予定。

大豆は目先は押し目買い方針。チャートを見るかぎり流れは上と診ています。1月7日の40260円を抜いてくればNラインの発動となり、そのターゲットは45500円になるがイメージ通りになるか?

是非、質問などお気軽に!
問い合わせ先
電話   0120-560-224
メール  ica@comtex.co.jp


大豆
スポンサーサイト

<< タイトルなし | ホーム | とうもろこし >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。