プロフィール

相場破天荒

Author:相場破天荒
名前 :牧 輝彦
性別 :情のある男
誕生日:1967年4月1日
血液型:協調性のO型
出身地:鹿児島県
趣味 :ゴルフ(100前後)
○ 一言
相場で勝つには、いかに損を少なく利を伸ばすかです。
実践するように取組みましょう。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/12/10 (Wed) 16:52

株価は以外にも8,400円台を守り堅調推移、アジア株もNY安に連れることなく前日比ではまちまちの推移、ドル円相場は明け方に一時91円台に突入していたものの、株価下落に至らない事からジリジリ円安方向で92円台後半に軟化、商品市場も株高・円安を好感する動きとなり全般に確り推移の前場の動きとなっています。

このところ景気指標の悪い数値を見せられても、株価の下げが限定される動きから、株は既に底入れしたのではないかと、楽観論が台頭しつつあるようで悪材料も徐々に消化する動きになりつつあるようです。

一方で日本ではここにきて危機の余波がグローバル企業にも押し寄せており、トヨタを初めとした自動車業界だけでなく、家電業界にも拡大、ソニーの1万6,000人の人員削減はショッキングなニュースとなっています。しかもそのうち正社員が8,000人の半分に上ることは、その深刻度合いを一層表しているようです。

企業の資金繰りも年末を控えてCPや社債の発行が困難なものとなっており、資金の潤沢な大企業も銀行借り入れの確保に動いているようです。大企業が銀行借り入れを増加させることは、銀行の貸し出し枠の減少にもつながり、中小企業への融資がおろそかになる可能性を高めることになり、貸し渋りリスクが高まることになりそうです。株式市場の楽観的な見方が増すなかで、実体経済は更に深刻な状況に入りつつあるようで、株価も上値を追ってまで買える状況でないことをうかがわせることになります。


スポンサーサイト

<< タイトルなし | ホーム | 穀物雑感 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。