プロフィール

相場破天荒

Author:相場破天荒
名前 :牧 輝彦
性別 :情のある男
誕生日:1967年4月1日
血液型:協調性のO型
出身地:鹿児島県
趣味 :ゴルフ(100前後)
○ 一言
相場で勝つには、いかに損を少なく利を伸ばすかです。
実践するように取組みましょう。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/08/25 (Mon) 11:43

穀物

米国の穀物産地の実施調査ツアー(プロ・ファーマーツアー)は、先週18日から4日間実施した調査のデータを集計し発表した。

コーン
単収  153.30Bu(米農務省8月需給報告は155Bu)
生産高 121億5200万Bu(同122億8800万Bu)
中西部で乾燥懸念が強まっていることや土中の窒素肥料の流出、生育の遅れによる早霜被害や根が十分張っていないことへの懸念など、一見非常に好調に見える生育には多くのリスクが潜んでいると指摘している。実際に単収が大きな影響が出るかどうか別として、9月に入って収穫が始まるまでにこれらのうち幾つかが供給不安を煽り、大きく買いを誘う場面が見られそうだ。

大豆
単収  39.95Bu(米農務省8月需給報告は40.5Bu)
生産高 29億3000万Bu(同29億7300万Bu)
単収が40Buを割り込めば需給バランスは危機的な状況に陥ると指摘されてきたが、だんだんと現実のものになりつつあるようだ。今後の天候次第では更に悪化する可能性も残っている。9月に入れば早霜の可能性など、新たな懸念材料が浮上してくる。この頃には少なくとも14ドル半ばあたりまで買われると診ています。
 天候面では、今週半ばあたり降雨予報もでており、生育に適した降雨が得られるかどうかが目先の焦点になりそうです。売られた処は押し目買方針で臨みたい。

粗糖
過去2年間、供給過剰だったのが需給逼迫に移行している銘柄。先週末43000円の新値を更新し、本日売り玉の踏みも出てきている。どこまで伸びるか楽しみです。


粗糖2
スポンサーサイト

<< タイトルなし | ホーム | タイトルなし >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。