プロフィール

相場破天荒

Author:相場破天荒
名前 :牧 輝彦
性別 :情のある男
誕生日:1967年4月1日
血液型:協調性のO型
出身地:鹿児島県
趣味 :ゴルフ(100前後)
○ 一言
相場で勝つには、いかに損を少なく利を伸ばすかです。
実践するように取組みましょう。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/08/20 (Wed) 17:13

とうもろこし

19日のシカゴ市場は続伸。大豆や原油など商品市場が全体的に騰勢を強めたことも後押しになった。米中西部で目先高温乾燥気候が続くとの予報が出ていることも相場の下支えになっている。後半は大豆の高値からの急落につれたものの、最後までしっかりと高値圏を維持したまま取引を終了した。この日はファンドは6000枚の買い。
 相場は12日の米農務省発表で売り材料が出尽くしたとの見方から順調に値を戻している。ここに来て目先中西部で高温乾燥気候が続くとの予報が出ていることも、更にこうした動きを強めているようだ。本来ならこの時期のコーンはあまり天候の影響を受けないものなのだが、今年は生育が遅れている上、この先は単収が引き下げられる可能性が高いと見ている向きが多いこともあって、旺盛な買いに繋がっているようだ。
 また、今週から始まっているクロップツアーでは、今のところ比較的良好な生育が報告されているものの、生育の遅れと肥料の不足が懸念材料として指摘されている。今回のツアーの結果が直接大きな買いにつながらなくても、目先供給不安が再燃する可能性を十分に示唆する内容になることは十分にありそうだ。収穫作業が峠を越す9月下旬までは、このまま強気の展開が続く可能性も。

東京市場はナイトが上昇幅を拡大し、期近2本を除き制限高で終えたが、期先3本はかなり買い約定が厳しい制限高であった。昨日の高値をあっさりと上抜いていることで、目先は買い方に有利な展開が続きそうだ。


スポンサーサイト

<< タイトルなし | ホーム | タイトルなし >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。