プロフィール

相場破天荒

Author:相場破天荒
名前 :牧 輝彦
性別 :情のある男
誕生日:1967年4月1日
血液型:協調性のO型
出身地:鹿児島県
趣味 :ゴルフ(100前後)
○ 一言
相場で勝つには、いかに損を少なく利を伸ばすかです。
実践するように取組みましょう。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/08/11 (Mon) 18:21

とうもろこし

週末のシカゴ市場はコーン・大豆とも暴落。きっかけはドルがユーロを初め主要通貨に対して全面高の展開で、コモディティは前面安に見舞われた。9月限はすでに5ドル割れとなってきたが、ここからは切っ掛け次第で急反発も考えられる。その切っ掛けになるとすれば、12日の米農務省の需給報告だ。勿論、更に売りを誘う可能性もあるが、既に弱材料は織り込んでいる相場のように思える。

東京は期先中心制限安に見舞われた。だが、最近相場の味を悪くさせていた原因の一つである9月限(当限)が、大量買いを抱えていたファンドの手仕舞い売りが入り、それに合わせて大手売り方の買戻しや、他限月でも売り方ファンドや商社の買戻しも見られた。勢いはまだ売り方に分はあるが、少なくても今日の手口からは今日の新規売りは同意はできなかった。また、期近3限は制限安を外れたり、期先3限は売り物が約定した制限安であった。

この相場は個人的には既に下げすぎの領域に突入していると思う。勿論、12日の需給発表で単収155以上の大きな数字がでれば、下げ過ぎとも言い難くなるが、それにしても適正レベルの水準には突入していると思う。相場に上げ過ぎ下げ過ぎは常であり、下げ過ぎ=買いというわけでもないですが、、切っ掛け次第では急反発してもおかしくない領域になったと診ます。

周りの人気もかなり弱気に傾いており、「もうはまだなり」から「まだはもうなり」の可能性が高まって来たと思います。


スポンサーサイト

<< タイトルなし | ホーム | タイトルなし >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。